« 主~NUSHI~(2016/12/25) | トップページ | あにわん!!&7(2017/1/22) »

2017年1月 7日 (土)

G-1グランプリ ―芸能基本問題実力No.1決定戦― (2017/1/7)

会場=国立オリンピック記念青少年総合センター
主催=早稲田緑問会
公式サイト=http://g1gp.blog.fc2.com/
ハッシュタグ=#g1quiz

« 主~NUSHI~(2016/12/25) | トップページ | あにわん!!&7(2017/1/22) »

コメント

 ペーパー1位はヨネヤ。 
 自己採点では82点とのことだったが……驚きの89点!

 司会はオカザキ(リョー)、問読みはオカザキ(ソー)、正誤判定はヒラヤマ。

2R 1組目

1 ヨネヤ 4抜け
5 スズキ(マサ) 5抜け
9 タョネリ
13 ササキ(ユウ) 2抜け
17 タカダ
21 クマガイ(サト) 3抜け
25 オグラ(ノリ) 1抜け
29 マツガノ
33 フジタ
37 スズキ(リョー)
41 ヤスオ
45 スズキ(アツ)

 ヨネヤは1番を指名。その1問目は「みどり(女優姉妹の五月と小松~)」。
 緑プレートのオグラがスピード感あふれる押しで1抜け。
 ヨネヤはなかなか初日が出ず苦しんだが、「クリスタルキング!」で4抜け。一方で青プレートのタョネリは苦杯。

 2組目

2 マツモト(ジュン) 1抜け
6 ノダ
10 ニシワキ
14 ヒルズ 4抜け
18 マサルサン
22 ムラカミ(マサ) 3抜け
26 トミーフクブチョウ
30 ハマダ
34 オオツキ
38 ナカノ 2抜け
42 スギヤマ(タカ) 5抜け
46 ノモト

 筆記2位のマツモトが実力差を見せつけ1抜け。2抜けはナカノ、とベテランの勢いが目立った。
 一方青プレートのノダ、「どさんこワイド」が出てこず失格。ニシワキも誤答で指が鈍ったところ、「太平サブロー」「鬼龍院花子の生涯」と80年代問題を正解したスギヤマに屈した。

3組目

3 ハリー 4抜け
7 アズマ 2抜け
11 ナカニシ 5抜け
15 マム
19 トヨダ 1抜け(3連答)
23 フナツ
27 トクヒサ 3抜け
31 アツタ
35 トクマル
39 ワ
43 ワタナベ(タクミ)
47 オオナカ

 トクヒサ、ワタナベと通常であれば赤プレートをとりそうな2人が緑プレートスタート。

 「よしもとクリエイティブエージェンシー!」
 「樹木希林!!」
 「相対性理論!!!」
 開始3連取でトヨダが怒涛の勝ち抜け。
 そして緑プレートのトクヒサも「高嶺の花子さん」で3抜け。

4抜け

4 カスガ 1抜け
8 コヤマ 
12 ジンノ
16 フクイ 
20 トヤ 2抜け
24 ムラヤマ
28 オグリ 5抜け
32 ホソミ
36 マツモト(マサ)
40 キド 3抜け
44 ヨノナカ
48 ツジ 4抜け

 最後はオグリが「ギルガメッシュないと」正解で連答達成。
 そしてKQKの後輩先輩が仲良く思い出青プレート。

10by10

7 アズマ 12×9=108
13 ササキ(ユウ) 10×5=50
38 ナカノ 4×6=24
48 ツジ 8×8=64
42 スギヤマ 5×7=35

 アズマがぐうの音も出ない圧勝。
 ササキが正解でリードを奪うが誤答が続き、堅実なクイズを繰り広げたツジがペーパーラス抜けからの準決勝進出。

10 updown

4 カスガ 9-1
21 クマガイ 8-1
5 スズキ(マサ) 0-2
11 ナカニシ 0-2
28 オグリ 0-2

 トップ集団のナカニシ・カスガ・オグリが相続いて誤答し0pに。
 ナカニシは残念ながら誤答するも、カスガ・オグリは立て直し、クマガイとならび5○。

 トップを走るクマガイ、「YATTA」がタイムアップギリギリで誤答。
 しかしへこたれない。カスガ9、クマガイ・オグリ8と並ぶ。
 並んだところで……勝負に行ったオグリが誤答。
 執念と執念と執念のぶつかりあいは、大逆転の3人失格で幕を閉じた。

Swedish10

27 トクヒサ 7-6
40 キド 6-9
1 ヨネヤ 10-8
3 ハリー 10-8 1抜け
14 ヒルズ 7-3

 2Rは苦戦したヨネヤ、しり上がりに調子をあげ5p到達。「食べる前に飲む!」
 しかしさらに調子をあげてきたのが、さすがの赤プレート、ハリー。すさまじい勢いで8p。
 しかし9pハリー、8pヨネヤ、さらに追いかける7pトクヒサ・4pキドといずれも即×失格という手に汗握る展開。ここで「当たり前体操で右足」「歩ける♪」を正解したハリーがまず1抜け。周囲の猛追の中、「現在はサンズエンタテインメントの社長」「野田義治さん!」でヨネヤがしのぎ切った。

10○10×

2 マツモト(ジュン)
19 トヨダ
25 オグラ(ノリ)
20 トヤ 1抜け
22 ムラカミ(マサ) 2抜け

 マツモトが知識ベースの堅実な押しで快調に走る。
 トヨダ、「大相撲時代のしこ名は/」「ヒロ!」と凄い押しを炸裂させるが誤答も多く伸びきれない。一方で綺麗なクイズでトヤが躍進。トヨダも復調し、マツモト、トヨダ、トヤが7pで並ぶ。
 「田中要次」「さんまのスーパーからくりTV」「君といつまでも」3連取でトヤがまず1抜け。トヨダは序盤の誤答が響き10×失格。
 これでマツモトの勝利……と思いきや9○9×でムラカミが「藤田ニコル」で追いつく。そして「ディスカバリーチャンネル」で大逆転勝利!

敗者復活

first stepsは2×失格。「レディオヘッド」「ファントーム(宇多田ヒカル)」と音楽系問題が鬼問だったが。

ササキ(ユウ)
トクヒサ ×
アサマ ×
トヨダ ×
ワタナベ(タクミ)
マツモト(マサ) ×
ノダ
コヤマ
オグラ(ノリ)
フジタ

 ササキ(ユウ)、トクヒサが0×、残りが1×スタート……だがルートを把握してなかったトクヒサ。
 最初はトクヒサが2○を積み「やはり強い」と思わせたが2×を積み失格。最後は「星の金貨」でササキが正解。他はまだ2○以下であり、終始ササキの強さが目立つ結果となった。

準決勝

第1セット(+1/-1)

ササキユウヤ 3
カスガセイジ 3
クマガイサトル 3
トヤトシアキ 3
ムラカミマサトシ 0
ハリー -5 →失格……。
ヨネヤサトシ 6 →決勝進出!
アズマダイスケ 3
ツジヨシアキ -1 →失格……。

第2セット(+1/-2)

ササキユウヤ 3+0= 3 →失格……。
カスガセイジ 3+2=5
クマガイサトル 3+3=6 →サドンデス勝利・決勝進出!
トヤトシアキ 3+3=6
ムラカミマサトシ 0-5=-5 →失格……。
アズマダイスケ 3+2=5

 誤答の多い展開の中、クマガイ・トヤのサドンデス。
 最後に自信なさげにクマガイが答えた「トランスフォーマー」が正解、2人の決勝進出!

第3セット(+2/-2)

カスガセイジ 5+22=27→決勝進出!
トヤトシアキ 6+8=14
アズマダイスケ 5+12=17

 途中4連取などで勢いに乗ったカスガ、強敵アズマ・トヤを下し決勝進出!
 決勝の舞台でヨネヤ・クマガイに挑む。

決勝

筆記1位 ヨネヤサトシ 『あとひとつ』(ファンモン)
筆記21位 クマガイサトル 『刃』(THE BACK HORN)
筆記4位 カスガセイジ 『Black Holy』(小松未可子)
*@nodashさんのツイートを参考にしました。ありがとうございました。


オカザキ「かなり対策をしたように思われるのですが」
ヨネヤ「お恥ずかしい話一切対策ができず、テレビ見てただけです」

第1セット

ヨネヤ 4-0
クマガイ 1-1
カスガ 1-1

 ヨネヤが「ラストコップ」正解で幕開け後、順調に点を伸ばす。
 焦ったかカスガ、クマガイと誤答し、まずはヨネヤが1セット獲得。

第2セット

ヨネヤ 6-1 ☆
クマガイ 0-0
カスガ 7-0 ☆

 カスガが3○と独走するも、すぐにヨネヤが3連取で追いつく。
 1×をつけるも、「アルプス工業と刺繍されたジャンパー/~=鬼瓦権蔵」でまずリーチ。
 「アメリ→クリームブリュレ」でカスガが逆転、最後は1×残したのを生かし「トラック野郎で/~→一番星」で1セット獲得。

第3セット

ヨネヤ 7-1 ☆☆
クマガイ 2-0
カスガ 6-2 ☆
 
 今度はカスガが誤答交じりで点を伸ばし、誤答のないクイズでヨネヤが追いつく展開。 「なべおさみの息子・なべやかんが/~→明治大学」を奪い勢いに乗るヨネヤ。5○で並ぶ。
 「ショートショートフェスティバルの主催としても/~→別所哲也」でヨネヤリーチ。カスガも「ポルノグラフィティの『アポロ』に登場する/→アポロ100号」で追いすがるも、「わたくし、生まれも育ちも/~→車寅次郎」という勝負押しが成功、ヨネヤが2セット獲得!

第4セット

ヨネヤ 7-1 ☆☆☆
クマガイ 2-0
カスガ 3-0 ☆

 「抱きしめてTONIGHT」「デューク更家」ヨネヤの勢いが止まらない。カスガ2、クマガイ1の状態でヨネヤ、圧倒的大差でリーチ。
 
 「もしものふたり」はタイムアップだったが、
 「周りからは「バカ部」呼ばわりされていた弱小バレーボール部が/~」

 「こんなのウィニングアンサーにしたくない……」と言いながら「おっぱいバレー」を正解。
 会場から万歳三唱が起こる中、恥ずかしそうなヨネヤ

 ヨネヤ
「初めてこの単語発しましたよ!こういうのカタオカさんやることでしょ!
 ああいう単語発しないと勝てないと思わせた強い二人でした」

 優勝したヨネヤは「芸能クイズのスター」ということで、『TVガイドスター名鑑2017』が贈られた。
 最後は大会長・ヨシノの挨拶。

ヨシノ
 「カンニングペーパーを持ってきてもよろしいでしょうか。
  ……第2回については全くの未定ですが、この大会がきっかけで芸能クイズ界の発展に少しでも貢献できたら、と思っております。今後も芸能クイズ大会が数多く開催されることを祈願しております。」

 そしてスタッフ一覧を読み上げ、17時33分とコンパクト終了(これでも時間が押しているとは!全然そう感じさせなかった)。

 以上で実況終了です。ありがとうございました!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/2280565/69151008

この記事へのトラックバック一覧です: G-1グランプリ ―芸能基本問題実力No.1決定戦― (2017/1/7):

« 主~NUSHI~(2016/12/25) | トップページ | あにわん!!&7(2017/1/22) »